藤沢久美の社長Talk


社長Talkとは

こんにちは。藤沢久美です。

私が小さな会社を立ち上げ、社長になったのは、1996年のこと。 縁あって、その経験を番組で生かして欲しいと、元気な中小企業を紹介するNHK教育テレビの「21世紀ビジネス塾」のキャスターとして、全国の中小企業を訪問する機会をいただきました。

実際に中小企業の経営の現場で、社長にインタビューをしてみると、その体験は、思っていた以上に、エキサイティングで感動的で、そして学びの多いものでした。

社長の言葉には、人を元気にする力があり、その社長が率いる現場には、社会の未来の姿がありました。それは、社長ご自身の歩んでこられた人生そのものから滲み出る魅力と、絶え間ない切磋琢磨から生まれてくる智恵と言うべきものかもしれません。

「より多くの方に、この社長の言葉の力を感じていただきたい」そんな思いから、社長との対談番組を立ち上げることになりました。以前は、ラジオ日経での放送でしたが、もっと多くの方に、気軽に社長の言葉を持ち歩き、いつでもどこでもその言葉を聞いて、元気を分けてもらえるように、ネットラジオとして、再スタートを切ることになりました。

それが「藤沢久美の社長Talk」です。

自ら会社を立ち上げた起業家である社長、新興市場に上場されている企業の社長を中心にお招きし、対談の様子を毎週、公開していきます。
もちろん、過去の番組内容も、アーカイブとして収録していますので、いつでもお聴きいただけます。

多くの方が、社長の言葉から、元気と勇気を受け取って、明日の糧にしていただけることを願っています。

2006年7月
藤沢久美


藤沢久美プロフィール

プロフィール
大学卒業後、国内外の投資運用会社に勤務。1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。 1999年同社を世界的格付け会社スタンダード&プアーズ社に売却。 2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。2013年、代表に就任。 2003年社会起業家フォーラム設立、副代表。2005年より、法政大学ビジネススクール客員教授も兼務。

NHK教育テレビ「21世紀ビジネス塾」のキャスターを3年間務め、 その間、全国の中小企業やベンチャー企業、取材を行ってきた。 同時に、様々なテレビ・ラジオ・雑誌等を通じて、800社を超える企業を取材。 現在も、ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」等、 全国の元気な企業の経営者のインタビューと現場の取材を続け、メディアを通じて発信している。

また、長年、個人の投資活動のあり方についての提言を続け、 書籍の執筆、雑誌への寄稿、テレビ・ラジオへの出演、各地での講演等を通じて、 投資や起業、経済や経営について、わかりやすく語ってきた。 現在、マスメディアとネットメディアを結びつけることによる新しい社会的事業の育成、 「ソシオ・インキュベーション」の活動に取り組んでいる。

著書は多数あり、なかでも、「なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか」(ダイヤモンド社)は、 韓国語に翻訳され、「子供に聞かせる『お金』の話」(PHP研究所)は、 韓国・中国・台湾・タイの4ヶ国語に翻訳され、アジア各国で読まれている。

公職として、情報通信審議会委員、沖縄振興審議会委員、金融庁、経済産業省、総務省、内閣府等の各研究会委員、社団法人 投資信託協会理事、日本証券業協会公益理事を務める他、金融審議会委員、内閣府新IT戦略会議専門評価委員、産業構造審議会地域経済産業分科会委員、税制調査会金融小委員会委員、金融担当大臣金融経済教育懇談会委員を歴任。

藤沢久美オフィシャルサイト



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索


社長Talk News




利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ