藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2012年3月21日放送

セーラー万年筆株式会社
代表取締役社長 中島 義雄さん

100年企業、次の100年への決意

101年の歴史をもつセーラー万年筆の次の100年の土台を築く役割をになった中島さんの経歴は、異色。中島さんの波乱の人生をなぞりつつ、同社の次の100年を探る。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)大蔵省から民間へ。失意の中の救いの声
2)学生運動の時代から変わらぬ志
3)文具の世界で常に革命を起こす社風
4)万年筆という原点に戻って見えるもの
5)失敗を恐れる人へのメッセージ



<注記>
1.本対談の全編版において、左利き用の万年筆について、
  中島さんが「左利き用の万年筆があります。これはセーラーしかないです」とご発言している箇所が
  あります。正しくは、ペン先研ぎ技術が使われた左利き用万年筆は、セーラー万年筆だけの製品と
  いうことになります。

2.本対談の全編版において、中島さんが、
  セーラー万年筆製品のボールペンの替え芯についてご発言している箇所があります。
  替え芯のついたボールペンは、すべてではなく、一部のボールペン製品において採用されています。


会社データ

URL http://www.sailor.co.jp/
設 立 1932年8月
(創業:1911年2月)
上 場 1949年6月 広島証券取引所
1961年10月 東証2部
銘柄コード 7992(Yahoo!で株価を見る
資本金 2,272百万円
従業員数 458名(パート含む)
主な業務 文具事業
電子文具事業
ロボット機器事業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ