藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2013年5月7日放送

株式会社enish
代表取締役社長(※放送当時) 杉山 全功さん

ソーシャルゲームで世界へ

携帯占いサービスで一世を風靡したザッパラスを成功に導いた杉山氏が、今度は、スマホのソーシャルゲーム会社enishを上場に導いた。同社にかける思いとゲームの未来を聞いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)女性に人気のスマートフォンゲーム
2)上場企業経営者を退任後、出会った次なる市場
3)決め手となったエンジニア経営者からの言葉
4)ソーシャルゲームビジネス成功の鍵
5)ゲームと連動で、小売店の商品売上アップ
6)ソーシャルゲームで、アジア進出
7)ゲームからデータマイニングの世界へ

対談を終えて

 モバイル及びインターネット向けのデジタルコンテンツ事業を行う、ザッパラスの社長を退任された後、一年間の充電期間を経て、enishの社長に就任された杉山さん。いくつもの会社を成功に導いてこられた人物が、なぜ、また社長の道を歩む決意をされたのか、思わず質問してしまいました。Talkを通じて、やはり「成長」が、経営者にとっての魅力なのだろうと感じました。

 Talkの終盤では、今年度から本格的に取り組まれるという、グローバル展開についてうかがっています。今までは、国内中心のビジネスをされてきた杉山さんにとっては、企業をグローバル化していくことは、新しい挑戦と言えます。その決意と展望を、ぜひお聴きください。

 また、若いエンジニアの方々が立ち上げられたenishに、年齢と経営経験を重ねてこられた杉山さんがパートナーとして入り、会社を変革し、導かれています。これは、新しい日本の企業の在り方としても、チャレンジであり、このenishという会社、そして杉山さんの生き方のなかに、新しい日本のお手本になる姿があると思います。

 お仕事の内容は、ソーシャル・ネットワークを用いたゲーム事業ですが、enishのゲームは、単なるゲームという枠におさまらない、様々な可能性がありました。今回のTalkでは、色々な角度から未来が見えてくる対談をさせていただきました。


会社データ

URL http://www.enish.jp/
設 立 2009年2月24日
上 場 2012年12月11日 東証マザーズ
銘柄コード 3667(Yahoo!で株価を見る
資本金 182百万円(2012年12月31日現在)
従業員数 98名
主な業務 ソーシャルアプリの企画・開発・運営



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ