藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2013年7月16日放送

タマホーム株式会社
代表取締役会長兼社長 玉木 康裕さん

日本の山を守るために世界に住宅をつくる

バブル崩壊と同時に、住宅会社を起業。住宅のユニクロモデルをめざし、従来の住宅よりも安くて品質の良い住宅づくりの研鑽はエンドレス。経営哲学と経営の現実を聞いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)家業を辞め、タマホームを創業した理由
2)住宅業界の過去からの常識を次々に覆す
3)失われた20年に増収増益を実現した理由
4)タマホームの木材は国産。日本の山を守る
5)社員とはLINEでコミュニケーション
6)事業をやりたい人が年齢に関わらず社長就任
7)国内外多様な社員を束ねる「大義」と伝え方
8)日本の木材で世界に家を建てるために
9)玉木的リーダーになるには
10)適正な儲けとは

対談を終えて

 玉木社長のご実家は、代々続く建設業ですが、「古い会社ほど、新しいことはできない」と、玉木社長は、40歳のときにゼロから自分でタマホームを立ち上げられたそうです。

 今回のTalkでは、この創業の経緯からはじまり、約50分にわたり、様々なお話をうかがったのですが、あっという間に時間が過ぎてしまいました。何しろ、「商売って一体なんなの?」「商売ってどういう心持ちで取り組むものなの?」「経営者って一体なに?」といった問いに、玉木社長は次々と答えくださり、経営者としてのあり方を教えていただきました。玉木社長のお話を聴く「玉木塾」という経営者の会もあるそうですが、その一部をかいま見せていただいた感じです。

 そして事業面においては、このデフレのなか、世界に進出され、利益を上げ続けているタマホームさんの成功の秘密を知りたい方も多いかもしれませんが、その答えは、「こういうことだったんだ」と意外なもので、それが実践できるかどうかは、本人の腹決め次第。

 ぜひ、迷ったら、玉木さんのお話を繰り返し聴いていただければ、未来が拓くことができるのではないかと思います。とても元気が出るお話ですし、経営者をめざす人、経営者である人には、ぜひ何回も聴いてほしいと思うようなお話です。


会社データ

URL http://www.tamahome.jp/
設 立 1998年6月3日
上 場 2013年3月27日 東証1部・福証
銘柄コード 1419(Yahoo!で株価を見る
資本金 4,310百万円(平成25年4月30日現在)
従業員数 2,784名 (平成24年6月1日現在)
主な業務 建築、設計、不動産業、保険代理店業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ