藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2013年8月6日放送

株式会社買取王国
代表取締役社長 長谷川 和夫さん

現場に任せる店づくりで、増収増益を生む

社員の声に耳を傾け、リサイクル店を立ち上げた長谷川さん。買い取り次第で品揃えが安定しないリサイクル店で増収増益を実現する鍵である、人材育成と管理の仕組みを聴いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)社員のやる気が生んだ業態転換
2)10期連続増収、6期連続黒字の要因
3)8週間で100円に、毎週値段が下がる店
4)品揃えは仕入れ次第。店に決定権を与える秘訣
5)毎月行なう、社長参加の社員合宿
6)ワークライフバランスという考えはもう古い

対談を終えて

 今週のゲストは、買取王国の長谷川社長です。社名からも分かるように、中古品を買い取り、それを販売するという会社で、本社は名古屋にあります。

 非常にユニークな会社で、長時間お話をうかがいましたが、その中で一番印象に残った言葉は、「ワークライフバランスなんて、古いんじゃないんですか?」という言葉。これを60歳を超えた社長さんがおっしゃったんですよね。

 今はワークライフバランスなんて、そういう時代じゃない。皆さんは、どう思いますか? 私は、ここに、買取王国の面白さと可能性をすごく感じるのです。

 実際、業績は10期連続の増収で、6期連続の増益。そこがまさに、働くことと生きることとか、人生とか生活とか、これがひとつになっているところが、このすごい成果をあげていらっしゃる強みだと思います。

 Talkでは、どうやって、凄い成果をあげているのかを、長谷川社長から教えていただきました。実は、3つポイントがあって、1つめは、「こだわりの商品構成をすること」、2つめは、「個店経営をすること」、そして3つめが「人財育成」。これは、決算説明資料にも記載されている内容ですが、このTalkでは、それぞれの項目について、その根底に流れる思想や具体的な施策を、じっくりとうかがっています。ぜひ、本編をお聴きください。


会社データ

URL http://www.okoku.jp/
設 立 1999年10月
上 場 2013年2月 JASDAQスタンダード
銘柄コード 3181(Yahoo!で株価を見る
資本金 330百万円
従業員数 474名(うち正社員 104名)
主な業務 買取王国・ダンシングベア・マイシュウサガールの直営店舗展開・運営
古着・ホビー・雑貨・デジタル家電等の販売/買取
本・CD/DVD・ゲームの販売/買取



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ