藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2013年12月17日放送

株式会社ラクーン
代表取締役社長 小方 功さん

20年連続売上増のネット問屋

ネット上で、1000社のメーカーと4万店の小売を結びつける問屋を生み出した小方氏。20年連続売上増を実現する経営とは。成功する新規事業が生まれる組織づくりとは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)「成功」について、三つの質問
2)千社のメーカーと四万店の小売を結ぶ問屋業
3)中小企業同士の掛け売りサービスを開発
4)成功する新規事業が生まれる組織とは
5)20年連続売上増実現の土台とは

対談を終えて

今週のゲストは、株式会社ラクーン 代表取締役社長の小方功さんです。

ラクーンは、アパレル・雑貨を中心とした小売店向け仕入サイト「スーパーデリバリー」を中心に、企業間取引のインフラを創造するサービスを提供されている会社です。いわば、「ネットの問屋さん」なのですが、従来の問屋よりも時間とお金を節約できる上に、物理的な制約から開放されるという点が、eコマースを活用するポイントです。

小方さんは、2007年にもご出演いただいたのですが、実は今回の対談は、リスナーのおひとりの「ぜひ小方社長の話を聞きたい」という声をきっかけに実現しました。
その方から小方さんへのご質問として、

1.成功する起業家に必要な資質とは
2.起業家にとって、成功のカギとは
3.小方社長にとって、成功とは

と、3点いただいたのですが、1つ目のご質問に対するお答えをご紹介します。

「簡単に答えは出ないと思いますが、起業家としてというよりも、リーダーシップとは何か、ということを考えたことはあります。例えば、学生時代のサークルや高校時代の部活など、色々思い出してみると、そのときリーダーをやっていた人間というのは、必ずしもスポーツが一番上手な人でもないし、別に成績が良いわけでもない、先生に好かれているわけでもない。誰よりも仲間のことを好きだった人が、リーダーをやっていたような気がします。会社は今、グループを含めると140人程度ですけれど、一つだけ自信があるのは、この中で誰よりも好きな人の数が多いということです。人を好きになる能力を持たなければリーダーにはなれないのではないかと思います。」

対談では、残る2つのご質問についても、お答えをいただいています。
また、インターネットを活用することで進化していく問屋の、さらなる発展とはいかなるものか。進化を遂げるための、クリエイティビティを発揮するチームは、どのように作っていくのか。そのあたりについても伺っていますので、ぜひ、お聴きいただければと思います。


会社データ

URL http://www.raccoon.ne.jp/
設 立 1995年9月
上 場 2006年4月 東証マザーズ
銘柄コード 3031(Yahoo!で株価を見る
資本金 794百万円
従業員数 113名(2013年4月30日現在)
主な業務 ファッション・雑貨向けB2Bサイト「スーパーデリバリー」の運営
B2B締め支払決済サービス「Paid」売掛債権保証事業「T&G売掛保証」の運営



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ