藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2014年5月27日放送

テラ株式会社
代表取締役社長 矢崎 雄一郎さん

細胞治療を核に新産業を生み出す

外科医から細胞を使った癌ワクチン療法の事業化に成功した矢﨑さん。再生医療に関する法律が整う前からの勇気ある取組みと挑戦の軌跡。そして、新産業を生み出す次なる戦略とは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)世界トップクラスの症例を持つ細胞療法
2)法整備のない中での起業と国への働きかけ
3)細胞療法を核に、世界と連携
4)細胞療法から広がる新産業誕生への道
5)ないものを作るという挑戦の背景にあるもの

対談を終えて

テラは、患者自身の細胞を使った新しいがん治療のワクチンを提供する
バイオベンチャー企業です。社長の矢崎さんには、以前にも社長Talkに
ご出演いただきましたが、当時は、細胞を使ったワクチンを投与する
という行為は、それまでの医療の世界には存在しなかったため、
それは、投薬行為なのか、治療行為なのかという議論があり、
その解決のために、矢崎さんが新たな枠組みや法律を作りに
尽力されているというお話を聴き、感動したことを思い出します。

そして、4年ぶりの再会となった今回、昨年には、
再生医療等の提供を迅速にするための法律も定められ、
テラが活躍するための地盤が整えられつつあるなか、
さらなる挑戦をされている矢崎さんのお話にワクワクしました。

医療とは、お客さんが喜んでくれそうなものを作って、それが売れたら
評価されるという商売とは少し異なるのだと矢崎さんはおっしゃいます。
どちらかと言えば、医療は、国民の生活環境を支える社会インフラを
創っていく世界に近いのだという矢崎さん。
その使命感が、世の中にない新たなものを生み出し、
一つの産業を作り上げていく原動力となっていることを実感しました。

世の中にルールや枠組みがないから動けないと悩んでいる方、
やりたいことがあるけれど、今の世の中では実現できないと、
心のどこかで諦めている方は、ぜひ、矢崎さんのお話を、
挑戦のきっかけにしていただきたいです。


会社データ

URL http://www.tella.jp/
設 立 2004年6月
上 場 2009年3月 JASDAQ
銘柄コード 2191(Yahoo!で株価を見る
資本金 652百万円(2013年12月末現在)
従業員数 47名(連結:69名)
主な業務 ・医療機関に対する樹状細胞ワクチン療法等、
 細胞医療に関する技術・運用ノウハウの提供
・樹状細胞ワクチン療法等、再生・細胞医療に関する研究開発



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ