藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2014年7月22日放送

ジャパンケーブルキャスト株式会社
代表取締役社長 田中 慶彦さん

テレビと放送の進化で、新たな時代到来

CS番組を各地のケーブルテレビ会社に届ける事業を担う同社。4K、8K、マイナンバーなど様々な改革がテレビと放送を変える新時代。未来社会の姿と実現への戦略とは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)放送チャンネルの宅配便事業
2)ビジネスで日本をよくしたい
3)4K、8K、マイナンバーで日本が変わる
4)第三創業期に突入と日本経済成長の予感
5)全国のケーブル局と共に日本を元気に

対談を終えて

ジャパンケーブルキャストは、日本全国のケーブルテレビ局にチャンネルを
束ねて届けるというプラットフォームサービスを提供している会社です。
チャンネル事業者から放送映像の素材を預かって、それを全国各地の
ケーブル局にお届けする仕事ですが、分かりやすく説明すると、
「全国に番組をお届けする放送チャンネルの宅配便事業」だと
社長の田中さんは言います。

では、そういうお仕事が、これから私たちの生活をどう変えていくのか、
これから社会でどんな役割を担っていくのか、そして、その先にある
社会はどうなっていくのだろうか。
そんな疑問が素朴に浮かんでくるのですが、田中さんは対談のなかで、
「これから地方はこうなっていくんじゃないか」とか、
「社会ってこうなっていったほうがいいと思うんですよね」という話を、
非常に具体的に、そして身近な例をもってお話してくださいました。

田中さんのお話をうかがっていると、これからいろんなビジネスチャンスが
あることを実感できて、未来に対して、ワクワクしてきます。

対談の中でとても印象に残っているのは、「かつての高度経済成長期が、
新しい形で今やってきている」という田中さんの言葉。
私も、それにすごく共感しました。
どういう高度経済成長期がやってくるのか、ぜひ、田中さんのお話を通じて
感じとっていただき、チャンスがあれば、その高度経済成長期の波に、
皆さんも乗っていただけたらいいなと思います。


会社データ

URL http://www.cablecast.co.jp/
設 立 2002年10月
上 場 未上場
銘柄コード -(Yahoo!で株価を見る
資本金 100百万円(2014年4月末現在)
従業員数 52名(2014年4月末現在)
主な業務 ・CATV局向け映像、音声、データ配信の専用プラットフォームサービスの提供
・CATV局専用チャンネルの配信事業
・広告配信サービスの提供など



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ