藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2014年8月12日放送

株式会社セルム
代表取締役社長 加島 禎二さん

人材育成から、人材開発の時代へ

企業の人材開発支援を行う同社は、独立したプロの指導者を900名以上ネットワークし、派遣している。ユニークなその経営手法と軌跡を加島さんの半生と共に聞いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)「人材育成」ではなく、「人材開発」
2)900名超の独立した外部のプロを束ねる理由
3)企業ごとに異なる人材開発方針
4)プロ中のプロを見極め、束ねる能力
5)勝ちパターンを見つけ、リクルートトップ営業へ
6)トップ営業から、営業実績ゼロの体験
7)関西支社長に立候補、経営への挑戦
8)少数精鋭のプロを開発する会社の実態

対談を終えて

人材開発プロフェッショナルファームとして、企業の人材開発コンサルティングをされている株式会社セルム。「人材育成」ではなく、「人材開発」というところがポイントです。

こういう事業があったんだと改めて思うと同時に、事業のやり方がすごくおもしろい。どういう意味でおもしろいのかというと、人材開発のトレーニングをする講師の方は、社員ではなくて、契約関係の、ある意味プロの方々。人の能力を高めていくような指導や、講演、セミナーといったことが出来る方々に機会をご提供すると同時に、様々な大企業の人材開発を担っていらっしゃるのです。

加島さんご自身は、元々リクルートでトップのセールス成績を上げていらっしゃった営業マン。その加島さんが、セルムの立ち上げに参加されて、とてもご苦労されたとおっしゃいます。
どうしてそんな苦労をすることになったのか、どのようにその苦労を乗り越えてこられたのか、そうしたご経験もお話くださいました。そうしたお話は、非常に参考になりますし、「なるほど、そういう風に物を考え、チャレンジし、失敗し、またそれを糧にして次に挑戦し、とやっていくと、こういう未来につながっていくんだなぁ」と、すごく勉強になりました。

そういう意味では、自分がやりたいことが何となく見えていて、何となくあるんだけど、どうやってそこに向かって自分は到達していったらいいんだろうというような方、もしくは、結構自分はやれるなぁ、ある程度のところまで来たなぁ、でも、この後どうしようと思ってらっしゃる方。そんな方に加島さんのお話を聴いていただくと、次の自分へのチャレンジのポイントや、道筋のつくり方などのヒントを感じていただけるのではないかと思います。


会社データ

URL http://www.celm.co.jp/
設 立 2006年4月 (創業 1995年12月)
上 場 未上場
銘柄コード -(Yahoo!で株価を見る
資本金 228百万円
従業員数 80名
主な業務 人材開発コンサルティング/企業向け教育研修事業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ