藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2014年11月11日放送

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 菅野 隆二さん

日本発世界トップレベルの病気発見技術

慶応大学発ベンチャーとして、山形県鶴岡市で創業した同社。世界トップレベルの医療技術を確立し、世界に貢献する。成功までの道のりと、これから起こる鶴岡の奇跡とは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)新技術、代謝物を測って病気を診断
2)なぜ慶応ベンチャーが鶴岡市なのか?
3)自治体と共に奇跡を起こす
4)金の卵を産む鶏を育てる
5)奇跡第二章はノーベル賞、そして第三章は?
6)地域の人とわくわく感を共有する

対談を終えて

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社、略して、HMT。
山形県鶴岡市に本社がある
慶応大学先端生命科学研究所発のバイオベンチャー企業です。

とても面白いなと思ったのが、
山形県と鶴岡市、この2つの地方自治体が、
税金を投じて研究のベースを支えてきたということ。
そして、HMTが上場したということを、
県民・市民の方々も喜んでお祝いしてくれたといいます。

地域を元気にするには色々な方法があると思いますが、
こうした新しい産業が生まれる可能性をもつ研究所を誘致して、
そして、会社を作って、それを県民・市民で応援する。
とても新しい取り組みだと思いますし、すごく素敵だなと思います。

社長の菅野さんは、
「鶴岡から世界を変える、鶴岡の奇跡を起こす」
と熱く語ってくださいました。

その菅野さんのお話の中に見えてくる情熱や前向きさ。
そして、菅野さんはご自身にとても運もあるともおっしゃるのですが、
まさに運も引き寄せてしまう力。
リーダーにはこれがなければという、
そうしたものも教えてもらっている感じがしました。

地域を元気にする一つの新たな形をつくり、
その中でこうした会社を率いていくリーダーは
いったいどんなものを持っていなければいけないのか。

色々な気づきとヒント、そして新たな可能性を教えていただける、
そんな対談だったと思います。


会社データ

URL http://humanmetabolome.com/
設 立 2003年7月
上 場 2013年12月 東証マザーズ
銘柄コード 6090(Yahoo!で株価を見る
資本金 1,220百万円
従業員数 59名
主な業務 ■メタボローム解析事業(メタボローム解析試験の受託)
■メタボロミクスキット事業(キット、試薬等の販売)
■ バイオマーカー事業(バイオマーカーの探索及び診断、医薬品開発分野での事業化)
■人材派遣事業(研究者、技術者等派遣)



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ