藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2014年11月25日放送

株式会社メディアドゥ
代表取締役社長 藤田 恭嗣さん

電子書籍の流通革命をリードする

電子書籍の取次3社の一角を担う同社の創業者、藤田さんは、学生起業家。破綻の危機を乗り越えて見出した電子書籍事業で出版の常識を変え、地球規模での智の流通の実現へ。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)電子書籍の流通革命を促進
2)電子書籍取次3社の一角を担う立場に
3)進路への納得を求めて、起業を決意
4)破綻寸前の危機から電子書籍で安定軌道へ
5)LINEと提携、漫画を世界に
6)「和書を世界へ、洋書を日本へ」新戦略
7)作家も読者もワクワクする世界へ

対談を終えて

株式会社メディアドゥは、出版社と電子書店をつなぐ中間流通事業、
わかりやすく言うと電子書籍の取次を行っている会社です。
電子書籍業界で、こうした流通事業を行っているのは3社しかなく、
「取次三社」という言葉で呼ばれているそうです。

リアルの世界で本の取次いうと、トーハン、日販が二大取次と呼ばれていますが、
電子書籍の世界でも、「取次」という言葉が使われるようになるほど、
電子書籍のマーケットが広がり、新たなステージに入ってきたことを実感します。

そして、メディアドゥは、電子書籍の取次だけではなく、
電子書店を運営するためのシステムやノウハウの提供、電子図書館の展開など、
電子書籍をさらに広める場づくりに対しても、さまざまな取り組みをされています。

また、国内だけでなく、海外展開にも取り組まれていて、
海外へ日本の本を輸出すると同時に、
世界中の本を日本に輸入していくプラットフォームをつくっていくことで、
本を通じて世界とつながっていくことを目指されています。

電子書籍の世界は、新たなプラットフォームをつくる時代に突入しました。
その中で、まさにイノベーターとして、先頭をきってプラットフォーム改革に取り組むメディアドゥは、
世界を変えるイノベーションを起こすかもしれません。

社長の藤田さんのお話を聞いていると、
電子書籍をつかった色々な発想が湧き上がってきて、
世界もどんどん変わって、わくわくする未来が拓かれていく気がします。

メディアドゥさんは、企業として非常に厳しい時代もあったそうですが、
そうした困難を乗り越え、新たな市場でチャンスを掴み、
未来を拓いている藤田さんとの対話は、色々なヒントが得られるお話でした。


会社データ

URL http://www.mediado.jp/
設 立 1999年4月
上 場 2013年11月 東証マザーズ
銘柄コード 3678(Yahoo!で株価を見る
資本金 849百万円
従業員数 116名
主な業務 デジタルコンテンツ流通・配信 / システム開発・提供 / インターネット広告取り扱い / メディアコンサルティング



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ