藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2015年1月6日放送

株式会社ドリコム
代表取締役社長 内藤 裕紀さん

新事業を発明し続ける方法

日本初のブログサービスを立ち上げた同社。次に取り組んだのはmixi初のソーシャルゲーム。次々に日本初の新事業を生み出す秘訣とは。経営と発想のヒントが満載。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)上場直後の会社存続の危機と大きな学び
2)ブログ事業からmixi初のソーシャルゲームへ
3)初期投資2億円のゲームを成功に導くチーム
4)ゲーム作りは、モノづくりと同じ?
5)成功に導くための自由と規律
6)新卒入社でいきなり起業できる制度を実施
7)新しい体験を生み出すことが、新事業を生む
8)モノづくりに不可欠な「悩み」

対談を終えて

株式会社ドリコムの内藤社長は、今回が2回目の社長Talkご出演です。
前回は、2007年11月にご出演いただいたのですが、
実はその時は、とても会社の業績が厳しく、これから新たに生まれ変わらなければという辛い状況の最中だったそうです。

前回いらした際にはそういう話はしなかったのですが、あれから7年経って、あらためて、あの頃実際どうだったのか、どうやって厳しい局面を乗り越えてきたのか、というお話も伺っています。

ITを使って事業をされている会社の特徴でもありますが、常に新しいコンテンツや事業、ビジネスモデルを繰り返し生み出すことをできているところが、生き残り、そして、活躍しています。

ドリコムも、元々はブログサービスから始まったのですが、そこからソーシャルゲームへと、ビジネスを変化させ、進化しています。

どんどん進化して、お客様に受け入れていただけるようなコンテンツ、ビジネスをつくっていくにはどうすればいいのか。そうした新しいことを生み出せる人をどうやって育てるのか。そして、どのようなチームを組めば、新しいだけではなくて、人に楽しんでもらえ、評価され、もっと使おうと思ってもらえるものを生み出せるのか。

そのための内藤さんの様々な工夫、実際に会社の中でやっていらっしゃるチーム作り、責任の所在の置き方なども事細かに伺っています。

新たなものを生み出したい、イノベーティブな会社をつくりたいという方には、ヒントがたくさんの対談だと思います。


会社データ

URL http://www.drecom.co.jp/
設 立 2001年11月
上 場 2006年2月 東証マザーズ
銘柄コード 3793(Yahoo!で株価を見る
資本金 1,142百万円
従業員数 236名
主な業務 ソーシャルゲーム事業
ソーシャルラーニング事業
広告事業
メディア事業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ