藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2015年2月10日放送

GMOリサーチ株式会社
代表取締役社長 細川 慎一さん

ネットリサーチのプラットフォームを担う

外交官からキャリアをスタートし、ベンチャー企業経営者になった細川さん。その歩みが、ネットリサーチのプラットフォーム事業の進化の鍵を握る。アジアNO.1企業への道。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)外交官からベンチャー経営者へ
2)リサーチ会社のためのプラットフォームへ
3)アジア全域のネットリサーチインフラを作る
4)まず日本でデファクトの地位を獲得
5)過去は全て未来への投資だった

対談を終えて

テクノロジーやインターネットがどんどん進化し、様々な形でデータがとれ、そしてその大量のデータを分析できるビッグデータの時代。その中で新たなリサーチ手法も続々と生まれてきています。

しかし、リサーチデータを分析して、マーケティングに活かしたいというニーズはあっても、まずデータを集めてくるというところが大変で、なかなか前に進めない。そういう方も多いのではないかと思います。

今回お会いしたGMOリサーチは、リサーチをするための仕組み、ツールを提供している会社です。つまり、消費者の声、データを効率よく集めるという部分で、みんながシェアできるようなプラットフォームをつくっているのです。

「道具が意識を進化させる」という言葉がありますが、これまでリサーチをするための道具がそろっていなかった。でも、そこに、GMOリサーチがその道具立て、仕組み立てをしてくだることで、リサーチをやってみたかったという人たちも簡単にリサーチできるようになり、リサーチの機会も増えていく。そうすると、一気にリサーチマーケットも拡大し、さらにビジネスチャンスも大きくなるのではないかと思います。

そして、テクノロジーを活用した新たなリサーチ手法、分析手法もどんどん開発されていて、こんな形でデータをとる時代がやってくるんだという、びっくりするようなお話も伺いました。

また、社長の細川さんの経歴もとてもユニークで、最初のキャリアは、外交官。なぜ外交官からスタートして、現在のビジネスにたどり着いたのか。そのお話も伺っているのですが、非常に面白いです。

進化するリサーチの世界での新たなデータの取り方や、リサーチを通じて、どんな世界の仕組みが生まれてくるのか、そこから生まれるアイデアにはどんなものがあるのか。新たなビジネスが切り拓く未来を想像しながら、ぜひ楽しんでお聴きいただければと思います。


会社データ

URL http://www.gmo-research.jp/
設 立 2002年4月
上 場 2014年10月 東証マザーズ
銘柄コード 3695(Yahoo!で株価を見る
資本金 299百万円
従業員数 103名
主な業務 インターネットリサーチ事業 ・国内インターネットリサーチ ・海外インターネットリサーチ ・最先端の調査手法による調査



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ