藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2015年2月24日放送

株式会社 イー・カムトゥルー
代表取締役社長 上田 正巳さん

記者から起業家へ。成長企業をアジアへ

北海道の経済誌の記者から起業家になった上田さん。小規模サービス業のIT支援を主軸に成長し、現在、アジアに進出する日式飲食店のトータル支援を開始。進出支援の理想像。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)新たな市場・TOKYO PRO Marketとは?
2)経済誌記者から起業家に転身した理由
3)売上6割減の危機を乗り越えて
4)成長意欲のある企業を選んでIT支援
5)地方からいきなりアジアへの出店を支援する
6)他社に抜きん出たアジア進出支援ができる理由
7)ビジネスパートナーをいかにして見つけるか
8)起業家になって得たもの

対談を終えて

飲食店やサービス業で多店舗展開している企業向けの店舗管理システムを、クラウドサービスで提供している株式会社イー・カムトゥルー。

社長の上田さんは、大学卒業後、経済誌の記者として12年間勤めた後、イー・カムトゥルーを創業されました。記者出身で上場企業をつくられた方というのはあまり聞いたことがないのですが、話を聞けば聞くほど、記者の経験があったから、こういうことができのだということを実感しました。

「企業が成長するために背中を押すような仕事をしたいと思って起業しました。提供しているツールはたまたまITですが、実際にはその事業会社さんが伸びてくれればいいなと思っていますので、ありとあらゆるお手伝いをしたいと思っています」と語る上田さん。
成長意欲のある企業を探し出して、将来の成長を見据えてサービスを提案しているのだとおっしゃいます。成長意欲のある企業をどのように見つけるのか。そのお話も対談の中で伺いました。

何よりも注目すべきは、新たに取り組まれている、ASEANに進出する企業の出店を支援する業務です。ASEANマーケットが急成長を続ける中、製造業だけでなく、サービス業でもASEANに進出する企業はどんどん増えています。ASEAN進出のお手伝いをするという企業もたくさん出てきていますが、イー・カムトゥルーは、ASEANへの進出支援という意味では、一歩抜きん出ている気がします。なぜ抜きん出ているのか。その差別化のポイントについても対談の中で伺っています。

ASEANに進出したいと考えていらっしゃる方、そして、企業の成長を支援するというときに、一体何をすると本当に役立つ支援になるのか、そのヒントを知りたい方、ぜひ上田さんのお話を聞いていただければと思います。


会社データ

URL http://www.e-cometrue.com/
設 立 2000年5月
上 場 2014年10月 TOKYO PRO Market
銘柄コード 3693(Yahoo!で株価を見る
資本金 1億5千244万円
従業員数 24名(2015年1月現在※関連会社を含む)
主な業務 SaaS型業務アプリケーションサービス「win-board.biz」
アプリケーションおよびシステム開発
コンテンツ制作、管理事業
企業のICT導入のコンサルティング、システムインテグレーション
  



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ