藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2015年5月7日放送

株式会社フルッタフルッタ
代表取締役CEO 長澤 誠さん

「アグロフォレストリー」で地球を救う

未来型農業「アグロフォレストリー」で地球を救うために起業し、アサイーのパイオニアとして市場を創った長澤さん。新たな市場と資本主義を生み出す戦略とは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)人生を変えた「アグロフォレストリー」
2)新たな市場をゼロからつくる喜び
3)「アサイー」への注目と市場創造の苦労
4)ヒット商品で地球を救う
5)「アグロフォレストリー」で新たな資本主義へ

対談を終えて

アサイーをはじめとするアマゾンフルーツの製品販売、原料販売、マーケティングや新市場開拓を行っている株式会社フルッタフルッタ。アマゾンとの出逢いをきっかけに、2002年11月に設立された長澤さん。

「農業」の意味を持つ「アグリカルチャー」と「森林」の「フォレストリー」を掛け合わせた言葉「アグロフォレストリー」は直訳すると「森林農業」。アマゾンで生まれた、自然と共に生きるこの農業は、ひとつの畑に何十種類もの農作物を育て、多様性を取りこみ、持続的な生産を可能にする森をつくる「未来型」農業の普及のため、活動されています。

長澤さんがなぜこのビジネスを始めようとされたのか。それは、単にビジネス・チャンスを見出したのでなく、人類が持続的に地球上で生きていける環境をつくるため「アグロフォレストリー」という農業のあり方を世界中に広げるために、ビジネスが必要だという強い信念をもたれたから。

そんな長澤さんは、社会起業家とお呼びしても良いのではないかと思います。ビジネスモデルありきでのスタートではなく、農業のあり方を広めることからのスタートは、収益化も簡単ではありませんでした。アグロフォレストリーという特殊な農法に取り組む農場から採れるフルーツ・野菜をいかにして商品化し買っていただくか、様々な試行錯誤をされてきました。

対談では、長澤さんの着眼点と成功に向かうまでのご苦労、成功の秘密など、色々な角度からうかがいました。とても広くて大きな志を持ってビジネスを立ち上げ、歩んでいらっしゃる長澤さんのお考え、働く姿、ぜひお聴きいただければと思います。


会社データ

URL https://www.frutafruta.com/
設 立 2002年11月
上 場 2014年12月 東証マザーズ
銘柄コード 2586(Yahoo!で株価を見る
資本金 363百万円
従業員数 38名
主な業務 ブラジル最大手アマゾンフルーツサプライヤーCAMTA(トメアス総合農業協同組合)産フルーツ原料の国内独占輸入販売代理店
外食産業、飲料、菓子、化粧品他メーカー向け原料卸および輸出
自社製品リテール卸、直販、インターネット通販、テレビ通販および輸出
他社プライベートブランド品の開発
環境省認定アグロフォレストリーEAP(エコ・アクション・ポイント)事業者
各種アグロフォレストリーの普及活動(シンポジウム等)
飲食店運営



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ