藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2015年11月10日放送

PCIホールディングス株式会社
代表取締役社長 天野 豊美さん

小さな力を集め、最先端IoTの担い手となる

価値観を共有する事業会社をグループ化し、時代が求めるITソリューションを提供。常にポジティブな天野さんの経営理念、社員の幸せを叶える企業のあり方とは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)常に上を目指し続けるポジティブシンキングの塊
2)技術力のある会社を、一つの連合体に
3)人に誠実に、ホールディングスの役割を全うする
4)組込ソフトで、IoT時代を先取りし、下請け脱却
5)ユニークなパッケージの自社製品でNo.1
6)車の組込ソフトを軸に世界へ
7)20年後を見据えた「スマートPCIビレッジ」
8)ポジティブシンキングで、社員と共に夢の実現

対談を終えて

自動車、モバイル機器や家電などへの組み込み系システム、企業や官公庁向けの業務システムの開発を軸とし、コンサルティングから保守までワンストップでの提供を行うPCIソリューションズ株式会社。外資系企業で営業職としてキャリアを積み、金融ディビジョンでトップを経験した天野さんが、2005年4月に設立しました。

PCIホールディングスの特徴は、ソフト開発能力に長けている、「下請け」と呼ばれる会社を集めグループ化し、大きな仕事を取ること。会社が集まることによって「下請け」ではなく、「元請け」となる立場をつくることを目指しています。

同社の平均年齢は30代。技術進化の早い中、20年後もエンジニアとして同じ仕事を続けられるかどうかはわからない。それでも、PCIホールディングの仲間として、みんなが働き続け、幸せな生活を送るためにはどうすれば良いか考えた天野さんの答えは、PCIホールディングスの「ビレッジ」をつくること。その「ビレッジ」の中に、エンジニアではない、新たな働き方ができる仕事をつくっていきたいとおっしゃる。すべての人の幸せを原点に、経営をされているのだということ、ひしひしと感じました。

「ホールディングス」というと、巨大企業のイメージがありますが、小さな力を集め、大きな力になろうという天野さんの発想に、とても心温まるものがありました。PCIホールディングスという社名から感じる、M&Aを繰り返して、大きくしていくなんて、一見、ドライな感じますが、実際はその逆。一人一人が活躍できる場をつくることを徹底されている方で、本当に良い対談させていただいたなと、しみじみと感じています。

ぜひ皆様にも、会社を名前やイメージだけで捉えるのではなく、こういう暖かい会社があるということ、知っていただければと思います。


会社データ

URL http://www.pci-h.co.jp/index.html
設 立 2005年4月
上 場 2015年8月 東証マザーズ
銘柄コード 3918(Yahoo!で株価を見る
資本金 568百万円(2015年 8月現在)
従業員数 842名 (2014年9月現在)
主な業務 ◆テクニカルソリューション事業
◆ビジネスソリューション事業
◆loT/loEソリューション事業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ