藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2015年11月17日放送

株式会社テクノスジャパン
代表取締役CEO 城谷 直彦さん

ERPを軸にITの進化を取り込み、時代の先へ

ERPの魅力をいち早く発見し、起業した城谷氏。AI、IoTを取り入れたERPを軸に、世界を目指す経営哲学、人材育成、日本企業ならではの強みとは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)「ERP」を日本企業へ広めるために起業
2)実績と信頼関係を築き、7人で「TECNOS」
3)ビッグデータを収集、分析、見える化を一気通貫
4)日本企業ならではの、人を育てる環境づくり
5)世界を夢見て:世界共通言語の「数学」を製品化
6)世界の産業だけでなく、家庭の中にもAIを

対談を終えて

企業の経営情報の統合的管理を実現するITシステム「ERP」を軸に、経営課題解決にむけたITコンサルティングをおこなう株式会社テクノスジャパン。IT企業で実績、信頼関係を築いた城谷さんが、仲間7名で独立し、1994年4月に設立しました。

ERPのパッケージを開発・販売する会社、たくさんあると思います。企業の生産管理や組織管理をサポートするシステムという、漠然としたイメージを抱いてしまいますが、ERPとは一体どういうものか、非常にわかりやすくお話いただきました。

そして、ERPがこれから進化していくなかで、AIやビッグデータ、IoTなどと、不可分な関係で繋がっていくのだということも、わかりやすくお話しいただきました。これから世の中がどのように変化していくか、また、それがビジネスの世界だけでなく私たちの生活に浸透し、変化していくのだというお話も伺っています。ITの世界、特にビジネス向けの話がよくわからない、という方にも、ぜひ聴いていただきたいと思います。

さらに、このテクノスジャパンは、世界進出における日本の強み、テクノスジャパンの強みとは何か、また、そのテクノスジャパンを支えている人に対する考え方、人材育成などにも特徴があり、学ぶべきものがあります。これから世界に羽ばたいていくITビジネス、テクノスジャパンのお話を、未来へのヒントにしていただければと思います。


会社データ

URL https://www.tecnos.co.jp
設 立 1994年4月
上 場 2012年12月 東証1部
銘柄コード 3666(Yahoo!で株価を見る
資本金 562百万円
従業員数 326名(テクノスグループ全体 連結)
主な業務 情報システムのコンサルティングから企画・開発・保守に至る一連のサービスを提供する情報システムソリューションサービス



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ