藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2016年5月31日放送

プロパティエージェント株式会社
代表取締役社長 中西 聖さん

開発から管理まで、日本の不動産価値向上を担う

不動産を中心とした仕入開発・投資不動産販売・賃貸管理。商品の質、お客様の評価、売上を最高にし、「資産の代理人」としてイノベーションを起こし続ける企業へ。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)「質、評価、売上を最高に」志を遂げる為27歳で起業
2)永遠のテーマは「ビジョンを組織で共有する」
3)お客様とテーブルを囲んで話す「お客様総会」
4)仕入は定量的に分析、住む人を徹底的に調べて開発
5)一貫したコンセプトがない、町やお客様に合わせた物件
6)中古物件の情報の非対称性を解消する「ふじたろう」
7)イノベーションを起こし続け、さらに拡大を

対談を終えて

不動産を中心とした仕入開発・投資不動産販売・賃貸管理・賃貸仲介・マンション管理などの事業を展開するプロパティエージェント株式会社。不動産分野での経験を元に中西さんが、2004年2月、27歳という若さで設立しました。

投資家が物件を建て、賃貸に出し、管理をするという不動産開発、アセットマネジメントを事業として上場している会社は沢山あると思います。過去、こうした会社の社長さんに何度かお会いしていますが、大きな資産を扱い、重たいものを背負いながら経営されていて、大変なプレッシャーと共に経営されてるという印象がありましたが、中西さんの印象は、とても清々しく透明感があり、なぜ、この清々しい空気感が生まれてくるのかを考えながら、お話を伺うことになりました。

そこででてきたのが、「ビジョナリー・カンパニー」という本。中西さんが、会社にとって「ビジョン」が大切であると気づき、起業するきっかけとなった本だそうです。。最初に働いていた会社で、自分が持った志を達成したいと思った中西さん。しかし、「この会社では達成できない。では、自分で器をつくろう。」と立ち上げたのが、プロパティエージェントです。「儲かれば良いということだけでは、志は達成できない。」という中西さん。そこに、何かヒントがあるような気がします。

上場を果たし、今、次のステージへ向かっている同社。今後の事業展開についても、伺っいました。 様々な会社と、ぜひ、比較しながら中西さんのお話を聴いていただき「この会社、違うな、面白いな」と感じ取っていただければと思います。


会社データ

URL http://www.propertyagent.co.jp/
設 立 2004年2月
上 場 2015年12月 JASDAQ
銘柄コード 3464(Yahoo!で株価を見る
資本金 346百万円
従業員数 92名(2016年3月現在)
主な業務 不動産開発事業
不動産分譲事業
賃貸管理事業
マンション管理事業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ