藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2016年6月14日放送

株式会社はてな
代表取締役社長 栗栖 義臣さん

ネットの先駆者「はてなバリュー」で世界をめざす

「はてなブックマーク」や「はてなブログ」などのUGCサービスを運営。二代目社長の栗栖さんが、独自の文化を守りながら目指す、「はてな」の未来を聴いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)ネット世界の先駆者「はてな」の2代目社長への道
2)現場手動でやんちゃができる「はてな文化」の守り方
3)こだわりのネイティブ広告で、オウンドメディアの裏方に
4)ユーザの声をサービスへ反映させる独自のノウハウ
5)社内システムをサービス化し、新たな柱へ
6)好きを柱に「はてなバリューズ」を共有し、挑戦し続ける
7)将来はAmazon的なサービスを提供する会社へ

対談を終えて

ブログサービス「はてなダイアリー」、「はてなブログ」、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」など、インターネット関連事業を行う株式会社はてな。2012年、社長Talkにご出演くださった初代社長の近藤さんが、2001年に創業した同社。2014年、二代目社長として就任した栗栖さん、2016年には上場も果たされました。

知る人ぞ知る、インターネットの先駆けサービスを世に送り出してきた、はてな。インターネットの可能性を先取りし、色々なサービスをつくる「天才エンジニアが集う場所」、そんなイメージがある同社。その二代目社長として栗栖さんが就任され上場を果たし、一体、どの様に会社を変えていこうとされているのか、はたまた、どう引き継いでいかれるのか、とても興味がありました。

栗栖さんにお会いし、やはり、選ばれるべくして選ばれた方だと感じました。包容力があり暖かい、はてな独自の文化を本当に大切にされてきて、さらに、この文化を強化していく、文化を守りながら、会社の可能性をより広げていかれる方が見事に選ばれたのだと思います。

元々、エンジニアとして採用され、数年で社長に就任した栗栖さん。まさか、社長へ就任するとは、人生はいつどうなるかわからない、そんなお話も伺いながら、それでも、はてなという会社の果てしない可能性を、また改めて実感させてもらいました。

本当に面白い会社であり、教科書とは全く別の世界にあるけれども、ここに、究極の真実があると感じます。ぜひ皆さん、透明な心で、この対談を聴いていただき、はてなという会社のことを知っていただきたいと思います。未来の会社のあり方、働き方を、ぜひ感じとっていただければと思います。


会社データ

URL http://hatenacorp.jp/
設 立 2001年7月
上 場 2016年2月 東証マザーズ
銘柄コード 3930(Yahoo!で株価を見る
資本金 185百万円(2016年3月23日時点)
従業員数 約100名
主な業務 【インターネット関連事業】 UGCサービス事業(コンテンツプラットフォームサービス・コンテンツマーケティングサービス・テクノロジーソリューションサービス)



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ