藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2016年7月26日放送

株式会社エクストリーム
代表取締役社長 CEO 佐藤 昌平さん

才能を育て、確かな技術で業界を支えるクリエイター集団

「クリエイター&エンジニアプロダクション」として、社内外を問わず、ゲーム・デジタルコンテンツなどを企画・開発。「好き」の想いを才能へと変化させる同社の強みを聴いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)ゲームをつくるクリエイターのプロダクション企業
2)ゲームの使いやすさを、ECや旅行業界へも
3)機能を特化した組織へ、より優秀な人が集まる環境に
4)アジアでの可能性へ挑戦、日本の存在感を世界でも
5)クリエイティブなことが好きな人はエクストリームへ
6)教育・研修で業界の底上げ、BtoCでも研究開発を
7)何歳になっても好奇心から生まれるクリエイティビティ

対談を終えて

エンタテインメント系ソフトウェア(オンラインゲーム、ソーシャルアプリ、携帯電話向けコンテンツ等)の開発・運営とクリエイター・プロダクションとして、高い技術力を提供する株式会社エクストリーム。社長である佐藤さんが、「究極のサービスを届けたい」という想いをこめ、2005年5月に設立しました。

常に最先端の技術を取り入れながら、新しいゲームや、「もの」をつくっている同社。エンジニアやクリエイターの方々を沢山育て、色々なゲーム会社や、様々なところへ派遣をされています。

絵を描くのが好き、プログラムをつくるのが好きという、好きだからこそ、どんどん勉強し腕を磨いていく人たちの集団である同社が持っている、真面目の中にある明るさや楽しさ、そんな空気感が佐藤さんのお話から伝わってきたような気がします。色々な才能を持っている人たちの、その才能が花開く会社なのではないか、そんな風に思いました。

そして、収録の中で「大阪だったら面白いこと言う人は吉本へ行けと言われたりする。これからは、絵を描くのが好き、プログラムをかくのが好き、小説を書くのが好き、妄想するのが好き、そういう子がいたら、エクストリームに行ったら良いのではと言われるような、そんな社会になったら良い。それが夢なんです。」と仰っていた佐藤さん。

そんな日が、本当に来るかもしれないと思う対談でした。ぜひ皆さんも、佐藤さんの楽しいお話、聴いていただければと思います。エンタテインメント系ソフトウェア(オンラインゲーム、ソーシャルアプリ、携帯電話向けコンテンツ等)の開発・運営とクリエイター・プロダクションとして、高い技術力を提供する株式会社エクストリーム。社長である佐藤さんが、「究極のサービスを届けたい」という想いをこめ、2005年5月に設立しました。

常に最先端の技術を取り入れながら、新しいゲームや、「もの」をつくっている同社。エンジニアやクリエイターの方々を沢山育て、色々なゲーム会社や、様々なところへ派遣をされています。

絵を描くのが好き、プログラムをつくるのが好きという、好きだからこそ、どんどん勉強し腕を磨いていく人たちの集団である同社が持っている、真面目の中にある明るさや楽しさ、そんな空気感が佐藤さんのお話から伝わってきたような気がします。色々な才能を持っている人たちの、その才能が花開く会社なのではないか、そんな風に思いました。

そして、収録の中で「大阪だったら面白いこと言う人は吉本へ行けと言われたりする。これからは、絵を描くのが好き、プログラムをかくのが好き、小説を書くのが好き、妄想するのが好き、そういう子がいたら、エクストリームに行ったら良いのではと言われるような、そんな社会になったら良い。それが夢なんです。」と仰っていた佐藤さん。

そんな日が、本当に来るかもしれないと思う対談でした。ぜひ皆さんも、佐藤さんの楽しいお話、聴いていただければと思います。


会社データ

URL http://www.e-xtreme.co.jp/
設 立 2005年5月
上 場 2014年12月 東証マザーズ
銘柄コード 6033(Yahoo!で株価を見る
資本金 295百万円
従業員数 361名(2016年5月31日現在)※契約社員・アルバイト含む
主な業務 ゲーム・デジタルコンテンツなどの企画・開発業務



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ