藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2016年9月6日放送

アグレ都市デザイン株式会社
代表取締役社長 大林 竜一さん

機能性も高い分譲住宅のプレタポルテを

デザイン建築のような、機能性の高い新築一戸建ての設計・施工・分譲。設計力、企画力、知恵を駆使する同社が広げるビジネスチャンス、未来への可能性を聴いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)機能性を兼ね備えたデザイン建築のような建売住宅
2)前職で培った信頼と周囲の人々の支援が起業の力に
3)唯一無二の土地を目利きし、自社施工
4)実は高い「一戸建て」へのニーズに応えるため
5)創業7年で上場、お客様のニーズを次の経験へ活かす
6)逆転の発想:アフターサービス・ゼロを目指す
7)「住宅」を掘り下げ、大手も認めるオンリーワンへ

対談を終えて

新築一戸建ての設計・施工・分譲や、分譲住宅に関する調査・研究・コンサルティング業務を行うアグレ都市デザイン株式会社。日本古来の「白銀比」の素晴らしさを社名に込め、大林さんが2009年4月に設立しました。

お仕事の内容「建売の分譲住宅」を伺うと、これから人口が減っていく中、お仕事として成立するのかと、一瞬思うのですが、よくお話を聴くと、成長の可能性や上場の理由がわかりました。

その理由は、ぜひ対談を聴いていただきたいのですが、大きく3つお伺いしました。1つは、首都圏に限っているということ。2つ目は、非常にコンパクトな住宅であるということ。そして最後、3つ目は、非常にデザイン性が高く、同時に機能性も高いということ。注文住宅よりもお手頃で、なおかつとても使いやすくメンテナンスも楽であり、建売ならではの様々な知見を集約した建物をつくっているということが、同社の魅力なのだと感じました。

今後、東京や首都圏へと広げていく大林さん、色々なところにこだわりをお持ちで、そのこだわりの部分が、実は大手ディベロッパーからも認められ、新しい取り組みも始められています。

「一戸建て住宅は、もう成熟市場」と、一言でかたづけそうになるところですが、知恵をつかうと、何もかもビジネスチャンスになるのだということ、改めて勉強させていただく良い機会になりました。さあ、どの様なところにどんな風に知恵をつかっていらっしゃるのか、ぜひお話を聴いていただければと思います。


会社データ

URL http://agr-urban.co.jp/
設 立 2009年4月
上 場 2016年3月 JASDAQ
銘柄コード 3467(Yahoo!で株価を見る
資本金 376百万円(平成28年3月31日現在)
従業員数 55名(役職員数 平成28.6.末時点)
主な業務 新築一戸建ての設計・施工・分譲
分譲住宅に関する調査・研究・コンサルティング業務



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ