藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2016年11月29日放送

フロイント産業株式会社
代表取締役社長 伏島 巌さん

薬製造機械のパイオニア、新たな未来を担い世界へ

医薬品・食品製造に欠かせない装置の開発・製造・販売。世界も注目する独自の技術で新たな分野へ、さらなる飛躍を。第二の創業を迎え、想像もしない未来をつくる注目企業。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)生活をより良く安心に、薬や食品の影の立役者
2)ジェネリックへの需要が増える市場環境を追い風に
3)新たな分野、アメリカ、アジア、南米展開へ舵を切る
4)IoTでも必要な、より小さな電池に独自の技術を
5)第二の創業:社員のマインドを変え、能力を花開かせる
6)様々な世界や、想像もしない未来をつくる担い手へ

対談を終えて

医薬品や食品の製造に欠かせないコーディング装置や造粒装置の製造・販売のほか、医薬品に含まれる添加剤の開発・製造・販売を行うフロイント産業株式会社。1964年に設立した同社、会社としては3度目のご出演、2年ぶりのご登場となる伏島さんにお話を伺いました。

2年経てば、「男子三日会わざれば刮目して見よ」という言葉もありますが、とても変わられたなと正直思いました。もちろん、2年前にお会いした時から、素晴らしい経営者であった伏島さん。今回お会いし、さらに、会社に対する責任感や、視野の広さや深さ、そういうものを感じました。

やはり、経営者の方は、時が経てば経つほど、より悩みが深まるというか、より色々なことを考えるようになるのだと感じました。常々私は、リーダーとは、誰よりも考えている人であると、言うのですが、まさに、伏島さんのお話伺うと、誰よりも考えていらっしゃるし、過去よりも考えるようになっていらっしゃる、そう感じました。

そして、このフロイント産業、薬の錠剤や、粉薬などをつくる機械を、主に製造し、販売する会社ですが、薬や、食料品だけではなくて、新しい分野に羽ばたき始められる、その辺りのお話も伺っています。

これからの世の中、新たな常識が生まれてくる中で、同社が担う分野が、広がっていきそうで、要注目企業、再び発見と、そんな感じが非常にしました。ぜひ伏島さんのお話、聴いていただければと思います。


会社データ

URL http://www.freund.co.jp/
設 立 1964年4月
上 場 1996年7月 JASDAQ
銘柄コード 6312(Yahoo!で株価を見る
資本金 1035百万円 (2016年2月末現在)
従業員数 382名 (2016年2月末現在)
主な業務 医薬品、食品、化学等の業界向け造粒・コーティング装置およびプラントエンジニアリングと医薬品添加剤、食品品質保持剤、栄養補助食品等の開発・製造販売。



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ