藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2017年1月10日放送

株式会社ウイルプラスホールディングス
代表取締役社長 成瀬 隆章さん

拡大する輸入車需要をいち早くキャッチ。新進の輸入車ディーラー

ジープやフィアット、BMW、ボルボを柱とした輸入車販売業。M&Aを通してホールディング化を続け、環境の変化をチャンスに拡大する、その戦略とは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)2009年から拡大する輸入車市場に商機あり
2)福岡を皮切りに、東京・神奈川へ、M&Aで拡大
3)事業再生の底力は、付加価値のある自動車保険
4)従業員が不安にならないM&Aをモットーに
5)輸入車拡大とともに変化する販売手法とデータの強み
6)不透明な未来に、成長し続けるビジョンを描く
7)失敗を恐れず挑戦し続ける組織で、100年の礎を築く

対談を終えて

ジープやフィアット、BMW、ボルボなどを柱に、輸入車販売業を行う「チェッカーモータース」「ウイルプラスモトーレン」「帝欧オート」といった輸入車ディーラーを傘下に持つ株式会社ウイルプラスホールディングス。国産車を扱う仕事をしていた成瀬さんが福岡で店舗を構え、2007年10月に設立した会社です。

収録が終わってからも、「やはり大切なのは、人材育成」と仰っていた成瀬さん。人材育成の研修プログラムを、全て自社でつくられているとのこと。成瀬さんご自身も、これまで、年に2回、約300人の全社員と面談をしていらっしゃったそうです。現在は、社員が増え、マネジメントクラスとの面談を、年2回行っているとお伺いしました。

「今後、自社のメンバーが1000人を超えても、全員の顔と名前を一致させることができると思う。」と断言する成瀬さん。やはり、一人ひとりの社員を、本当に大切にされているのだということを、お話を聴きながら実感しました。

これから先、様々な厳しい環境があろうとも、一人ひとりがプロとして活躍できる場をつくり続けている、ウイルプラスホールディングス。この会社は、その一人ひとりの力で、どんな環境の変化があろうとも、乗り越え伸びていくのだろうと感じました。やはり「企業は人」「企業は人づくり」という言葉を、改めて考えさせていただく対話となりました。


会社データ

URL https://www.willplus.co.jp/
設 立 2007年10月
上 場 2016年3月 JASDAQ
銘柄コード 3538(Yahoo!で株価を見る
資本金 168百万円(2016年6月現在)
従業員数 326名(2016年6月現在)
主な業務 輸入車販売業
ジープやフィアット、BMW、ボルボが柱
中古車、整備事業、自動車保険が特色
M&Aが成長の柱



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ