藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2017年2月14日放送

株式会社日本アクア
代表取締役社長 中村 文隆さん

国内・海外へ、拡大を続ける高気密なエコ断熱材

スプレータイプの泡断熱材「アクアフォーム」の開発・施工・販売という一つの商材を核に上場を実現。海外を視野に入れた成長へのヒントを聴いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)泡断熱材の製造から施工まで、たった一人で起業
2)石油系原料を海外から購入、日々進歩する技術開発
3)230社の施工会社と連携し全国展開、鍵は品質管理
4)「ゼロエネルギー住宅」も後押しに、市場シェア拡大
5)ASEANでの啓蒙活動、コールドチェーンへの意欲
6)泡断熱をもとに、住環境を改善するサービスを開発
7)走り続け上場。次は、1000億円へ

対談を終えて

水の力で発泡する断熱材「アクアフォーム」の開発・施工・販売、住宅の省エネルギー関連部材の開発・製造・販売を行う株式会社日本アクア。2004年11月、当時30代半ばの中村さんが一人で起業しました。

社長Talkの収録前には、色々と予習をするのですが、予習すればするほど、「この日本アクアのビジネス、上場して、どれぐらい伸びるのだろう」と、不勉強が故でもありますが、率直にそう思いました。

最初は「断熱材を製造、販売、そして施工する」ただそれだけに見えました。他にも、断熱材を製造する化学メーカーは、世の中にたくさんある、建材メーカーもあるし、施工メーカーもある中で、断熱材1本を柱にし、上場というのは、一体どういうことなのだろうと思いました。

お話をよく伺ってみると、これは伸びしろがある、そして、広がりもあると感じました。やはり、こういう素材を自ら研究開発・製造され、さらに、それに非常に強みがあり、未来への可能性をひしひしと感じました。

国内だけでなく、海外へ向けても着々と準備され、また、世の中の追い風もあり、一つのものを柱にし、どの様に事業を拡大していくか、そんなヒントが、お話からたくさん聴いていただけるのではないかなと思います。


会社データ

URL http://www.n-aqua.jp/
設 立 2004年11月
上 場 2013年12月 東証マザーズ
銘柄コード 1429(Yahoo!で株価を見る
資本金 1887百万円(平成28年9月30日現在)
従業員数 423人(平成28年9月30日現在)
主な業務 硬質ウレタン断熱材の製造・施工・販売 住宅省エネルギー関連部材の開発・製造・販売



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ