藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2017年2月21日放送

株式会社ノバレーゼ
代表取締役社長 荻野 洋基さん

ブライダル業界に独自の価値を、二代目社長が描く新たな未来

婚礼プロデュース、ドレス、レストラン運営も手掛けるブライダル事業。カリスマ創業者の意志を受け二代目社長が担う、社員一人ひとりの幸せ、未来をつくる環境とは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)創業者に惹かれて入社。背中を見続け13年後社長就任
2)スローガンは、「一人一人が未来をつくる」
3)広がる可能性:日本の結婚式文化をアジアへ発信
4)社長室なし。現場を回り、社員の自立・活躍をサポート
5)TOBから生まれた緊張感、仕組み化への進化
6)社員の夢を会社で実現、結婚から派生する新たな未来

対談を終えて

婚礼プロデュース、婚礼衣装、レストラン部門からなるブライダル事業、レストラン特化型事業を行う株式会社ノバレーゼ。2000年11月に設立された同社で、13年の勤務を経て、二代目社長として就任された荻野さん。

創業者の浅田さんには、2008年11月に社長Talkへご出演いただきましたが、昨年TOB(株式公開買い付け)が実施され、上場を廃止、社長交代となりました。ノバレーゼはどうなっていくのだろうと、いささか不安な気持ちもありましたが、今回、新社長の荻野さんとお話をさせていただき、安心しました。また一段と飛躍する会社になる、そういう確信を持てる良いお話を伺えたと思っています。

やはり、創業者の時代は、ずっと続かないものです。次の時代に、また新たなチャレンジをするため、一度会社をきちんと仕組み化するなど、誰が見ても理解できるような形に社内を整えなおすということが、とても必要だと思います。まさに、この機会にTOBを通じてそれに取り組んでいる荻野さん。

もう一つ大事なポイントは、その際、創業者がつくった会社の哲学や文化が消えないようにするということ。まさに、その部分は、荻野さんが担い、良い形で会社の活力や文化を壊さず、逆に拡大していく役割を担われていくのだということ、改めて感じました。

世代交代をどの様に行えば良いか、考えていらっしゃる経営者の方、そして後継者の方、この荻野さんのお話、ぜひ聴いていただきたいと思います。


会社データ

URL http://www.novarese.co.jp/
設 立 2000年11月
上 場 未上場
銘柄コード ー(Yahoo!で株価を見る
資本金 100百万円(2016年12月31日現在)
従業員数 1,871人(連結)/1,610人(単体)
※いずれもパート・アルバイト含む(2016年10月31日現在)
主な業務 ブライダル事業 (婚礼プロデュース部門・婚礼衣裳部門・ レストラン部門)
レストラン特化型事業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ