藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2017年3月28日放送

株式会社RS Technologies
代表取締役社長 方 永義さん

ものづくりの可能性を世界で証明、日本経済の救世主へ

シリコンウェハのリサイクル事業買収を機に、日本のものづくりを世界へ売り込み、その可能性を証明。新たにファンドを蘇生し日本のものづくり企業を世界とつなぐ。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)日本の製造業は、仕事さえあれば必ず再生できる
2)5社の再生、共通点は世界に通じる高い技術力
3)経営陣の知見は守り、海外市場との対話の機会を作る
4)ものづくり企業の経営者は、やはり日本人
5)製造業に特化、共に成長を目指す「RS下町ファンド」
6)台湾の工場でも生きる日本のものづくり技術と文化
7)更なる成長、より大きな影響力で日本をもっと強く

対談を終えて

半導体の基本素材である、シリコンウェーハの再生・販売事業を行う、株式会社RS Technologies。前回、2015年7月のご出演から二度目となる方さん。昨年、2016年9月には東証一部上場を果たされました。

「日本のものづくりは世界一」だと、心底思っていらっしゃると感じる、方さんのお話。この素晴らしい、ものづくりの技術を、仕事として世界へどんどん持っていけるのに、それがまだ十分に出来ておらずもったいないという、そんな気持ちが、常に言葉の隅々から溢れ出ていました。

だからこそ、これをきちんととやっていきたいという、その信念からこの会社をつくられ、あっという間に東証一部上場まで果たされました。この一部上場というそのものが、日本のものづくりの、世界における強さや可能性を証明していると思いました。

ものづくり企業をどの様に支援するか、支えるかというのは、国の政策でも色々議論されています。私は、支えるというだけでなく、きちんとビジネスとしてやっていけるということを、方さんのお話から、ぜひ感じとっていただきたいと思います。そして、そこにビジネスチャンスがあるということも実感していただき、どんどん方さんの様なお仕事に、色んな方が参画してきてくださったら良いと思います。

「誰でも真似できる仕事です」と仰る方さん。そういう意味では、皆さんにチャンスがあるということですので、方さんのお話を聴いていただき、ぜひ多くの方がこの仕事に関わってみようと思ってくださったら良いと、そんな風に思います。


会社データ

URL http://www.rs-tec.jp/index.html
設 立 2010年12月
上 場 2015年3月 東証一部
銘柄コード 3445(Yahoo!で株価を見る
資本金 616百万円
従業員数 (連結)386名、(単体)214名
主な業務 電子材料、電子機器部品、通信機器部品材料の製造、加工、再生、 販売 太陽光発電事業
中古半導体設備の買取及び販売事業
半導体材料・パーツの販売
半導体シリコンウェハ製造の技術コンサルティング



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ