藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2017年4月25日放送

株式会社荏原製作所
取締役代表執行役社長 前田 東一さん

未来を見据えた大改革、挑戦し続ける老舗・産業機械メーカー

ポンプ事業を柱に創業104年、日本を代表する産業機械メーカーが着手する大胆なガバナンス・人事制度の大改革が、これからの100年をつくる。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)創業104年、ポンプを柱に業態を拡大
2)進み始めている製造業のIoT実装
3)スピードを上げるための新たなガバナンス改革
4)人事制度も大改革:職能制度から役割等級制度へ
5)役割等級制度のリスクと必要とされるマネジメント力
6)新人事制度ですべての社員に成長できるチャンスを
7)「荏原オープンサプライヤーズ」で業界全体の成長を

対談を終えて

送風機、半導体製造装置などの開発・設計・製造・販売、また、ごみ焼却プラントなどの環境事業を展開する株式会社荏原製作所。創業100年を超える一部上場企業である同社の現社長、前田さんに、お話を伺いました。

世界でポンプのトップメーカーとして、そこから事業を大きくしてこられた、日本を代表する企業です。今回、とても大きな改革に着手され、新しい中期経営計画を発表され、人事制度なども大きく変えていかれるとのこと。この人事制度の変更というのは、今まで様々な企業が「やらなければならない」「やった方が良い」と言いながら、なかなか手をつけられなかった大きな改革と言えます。

なぜこの改革を行うという腹決めができたのか、収録後にもお伺いしましたが、それは「危機感」だと仰った前田さん。これほど、トップ企業として走ってこられた企業が、なぜ危機感を共有できたのか、その危機感を持つことができたきっかけは何だったのかというお話も聴いています。

「社内でなかなか危機感が醸成されない」「その時代の変化というものに、どうすれば敏感になれるのか」など、そういったヒントもいただきました。色々な大企業が既に打ってきた手を、もう一度俯瞰して見た時に、前田さんが感じたこの危機感、するべき変化や改革など、そういうものが見えてくるのではないかと思いました。

そういう意味では、ぜひ、前田さんのお話を聴いていただき、自社との比較をしていただきたいと思います。同時に、大企業が地域の中小企業との間でどの様な役割を担わなくてはならないのかというお話も伺っていますので、中小企業の皆さんにとっても、実は大きなチャンスがある時代がやってきたと感じていただける、そんな対談であったと思います。


会社データ

URL https://www.ebara.co.jp/
設 立 1920年5月(創業1912年11月)
上 場 1945年5月 東証一部
銘柄コード 6361(Yahoo!で株価を見る
資本金 68,700百万円(2016年3月末現在)
従業員数 連結 16,270名(2016年3月末現在) 単体 4,022名(2016年3月末現在)
主な業務 ・風水力機械カンパニー(風水力事業)
ポンプ、コンプレッサ、タービン、冷熱機械、送風機
・環境事業カンパニー(環境事業)
都市ごみ焼却プラント、産業廃棄物焼却プラント、水処理プラント
・精密・電子事業カンパニー(精密・電子事業)
真空ポンプ、CMP装置、めっき装置、排ガス処理装置



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ