藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2017年5月16日放送

株式会社ロコンド
代表取締役社長 田中 裕輔さん

ECのノウハウから、アパレル業界の課題を担う企業へ

靴通販サイト「LOCONDO.jp」運営。泥臭い御用聞きで、アパレル業界の課題をECのノウハウで解決。第二の創業を迎え、世界を見据えて成長を続ける。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)10億円の資本が3ヶ月でゼロ、どん底で社長就任
2)自社ECのみならず店舗用の靴の在庫も預かる新事業
3)MANGO独占契約を機に、アパレルのオムニ戦略開始
4)御用聞きを通じて見えてきたアパレル業界のニーズ
5)アパレル商材の難しさも、商品量の多い倉庫運営
6)他にはないビッグデータで革新をもたらす
7)海外進出が難しいEC、裏方として世界へ挑戦
8)泥臭さを忘れず、新たなフェーズで成長を続ける企業へ

対談を終えて

靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」、ブランド向けのプラットフォームサービスなどを展開する株式会社ロコンド。2010年10月に設立された同社で、前職を続けながらサポートをしていた田中さん。

元々、靴の通販会社からスタートし、現在も事業の中心としている同社。創業時のお話を伺うと、100億円の売上がないと黒字にならないという、大変高いハードルを持ってのスタートだったそうで、実際、5回程、倒産しそうになったと仰っていた田中さん。

ECやeコマースと聞くと、消費者としてみると、楽しそうなビジネスというイメージがありますが、実際にものを売る、特にネットでものを売るというのは、とても大変なお仕事なのだということを改めて実感しました。その大変さの中で、実は色々なことをしてきた同社、それが新たな成長のエンジンとなり始めています。

今年3月に上場されましたが、まさに、上場が第二創業の時期と重なっているようで、今までとは違う、新たなロコンドが、世界を視野に新たなビジネスを始める、そのタイミングにお話を聴けたこと、本当に嬉しく思います。

色々な会社が通販という事業を行っていますが、もはや、同社は通販会社ではなく、アパレル全体の流通を担う、インフラ会社になる可能性がある、非常に大きな期待を感じるお話でした。次に、どの様な展開を考えていらっしゃるか、ぜひ、田中さんとの対談、聴いていただければ嬉しいなと思います。


会社データ

URL http://www.locondo.co.jp
設 立 2010年10月
上 場 2017年3月 東証マザーズ
銘柄コード 3558(Yahoo!で株価を見る
資本金 100百万円
従業員数 80名(正社員のみ)
主な業務 ECサービス(「LOCONDO.jp」の運営)
プラットフォーム事業
自社ブランド事業の運営



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ