藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2017年8月8日放送

グレイステクノロジー株式会社
代表取締役 松村 幸治さん

無駄を効率化、「感動させる」マニュアル制作のプロ集団

文書作成だけに留まらない「感動させる」マニュアルの制作会社。企業の無駄を効率化し、仕組化するプロ集団を率いる松村さん、様々なアイデアの源を聴いた。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)マニュアル作成、翻訳をBtoBで
2)市場規模は7兆円、マニュアル制作の無駄を効率化
3)名だたる経営者に直接会って学びを得た1年半
4)背水の陣で起業、仕組化を提案し次々と発注を得る
5)「感動させる」マニュアル制作、「プロ集団」の裏側
6)「作ったら終わり」ではない、効率化が続く仕組み
7)マニュアルを超え、お客様の利便性をとことん追求する
8)自らが一番効率の良い働き方を、成長を続けるプロ集団

対談を終えて

国内初のマニュアル専門の制作会社として、コンサルティングからテクニカルライティング、技術翻訳、Web配信などドキュメント作成に関わる業務を幅広く行うグレイステクノロジー株式会社。翻訳、マニュアル制作に長らく携わっていた松村さんが、2000年8月に設立した会社です。

松村さんのお話を伺っていると、日本の会社には非効率な部分が山のようにあることに驚くと同時に、それをマニュアル作成という入り口から、どんどん改善をしているプロ集団の面白い会社があったことに感激しました。

お仕事を依頼されるメーカーにとっては、アイデアを沢山貰えるパートナーになっている同社。様々な発想で効率化を進めていくアイデアはどうやって生まれてくるのか、この会社ならではの色々な仕組みづくりや発想づくりもお伺いました。

さらに、どんどん面白い発想が出てくる会社づくりができるようになった理由は何かを伺ったところ、実は、松村さん自身が若い頃、経営者の人たちは何を考えているのか、働くとは何か、仕事とは何であろうということを知るために、本を沢山読んだそうです。

しかし、経験の無い自分にはわからない、直接経営者に会って聴くしかないと、まだ会社員の時代の26歳の時、松下幸之助さん、本田宗一郎さんや、マクドナルドの藤田田さん、錚々たる方に直接お電話をして、会ってもらったとのこと。その方々を核に、様々な経営者を紹介してもらい、300人程の創業経営者の方々にお話を聴き続けた時代があるそうです。

それがすべて、今のお仕事の原点になっているとおっしゃる松村さん。伝説の経営者のお言葉を振り返りながら、このグレイステクノロジーのお仕事が、どういう仕組みになっているのか、なぜこれをやっているのかというお話をしてくださいました。とにかく面白い、学びの多い、説得力のあるお話、沢山の人に聴いていただきたいと思います。そして、一人でも多くの方が「プロになりたい」と思ってくださったら嬉しいなと思います。


会社データ

URL https://www.g-race.com/
設 立 2000年8月
上 場 2016年12月 東証マザーズ
銘柄コード 6541(Yahoo!で株価を見る
資本金 62百万円
従業員数 46名(2017年4月末時点)
主な業務 マニュアル作成における効率化とコスト削減に関するコンサルティング業務
マニュアルの作成・管理が行えるクラウドサービス(e-manual)の運営
国内・国外IT関連メーカーおよび各種国内大手メーカーの製品マニュアルをはじめとする技術文書の作成、翻訳
社内用管理マニュアルの制作業務



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ