藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2017年12月19日放送

株式会社ユニラボ
代表取締役 栗山 規夫さん

あらゆるジャンルで、B to B受発注市場を変革

コンシェルジュがマッチングを支援する、進化した発注業者比較サイト「アイミツ」を運営。ビジョン、ミッション、バリューにこだわり業界に変革をもたらす注目企業。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)100ジャンル6万社掲載、相見積のプラットフォーム
2)プッシュ型でなく、コンシェルジュが仲介しマッチング
3)一流企業で経験後「自分の成長」のため起業
4)一字一句、魂を込めたビジョン、ミッション、バリュー
5)「受発注を変革する」第2章、第3章を視野に
6)「アイミツ」を通し、お客様へサプライズと感動を

対談を終えて

B2B発注業者比較サイト「アイミツ」の運営を行う株式会社ユニラボ。三菱商事、DeNAで経験を積んだ栗山さんが、2012年10月に設立しました。

ウェブサイトを開くとパッと飛び込んでくる「受発注を変革するインフラを創る」という、とても素敵な覚悟にも感じるようなメッセージをお持ちの同社。お仕事の内容は聴いていただいた通り、様々な受発注の見積もり、相見積をとり、発注先を選ぶサポートをされています。なぜ、こういうマッチングのサイト、マーケットプレイスサイトをおつくりになったのかというお話を、対談で伺っています。

同社のウェブサイトを拝見し、とても気になったことは、一つ一つの言葉に、非常に力があるということ。最近、流行りとも言える「ビジョン」「ミッション」「バリュー」など、非常に練られた言葉が並んでいるという印象を持ちました。

ベンチャー企業で、まだ上場もされていませんが、この「ビジョン」「ミッション」「バリュー」に対するこだわりをどういう経緯でお持ちになったのか、そして、一体「ビジョン」をどういう風に定義していますか、「ミッション」とは、そもそも何ですか、という、そもそも論を、ぶつけてみたいと思う会社だったので、そのあたりまで伺っています。

そういう意味で、会社の成長の柱になる「ビジョン」「ミッション」「バリュー」というものが、一体いかなるもので、どの様に考え、つくっていき、どの様に会社に浸透していけば良いか、そういうヒントをいただけるお話でした。ぜひ聴いいただけたら嬉しいなと思います。


会社データ

URL https://www.unilabo.jp/
設 立 2012年10月
上 場 未上場
銘柄コード ー(Yahoo!で株価を見る
資本金 5百万円
従業員数 40名(2017年10月現在、業務委託・アルバイト含む)
主な業務 B2B発注業者比較サイト「アイミツ」の運営



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ