藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2018年4月24日放送

株式会社マネーフォワード
代表取締役社長CEO 辻 庸介さん

幸せになる「手段」として、新しい時代のお金の在り方を担う

600万人が利用し、2600以上の金融機関と連携する家計簿・資産管理アプリ。幸せになる手段としてのお金の管理と資産運用を提案し、日本の金融サービスに変革を起こす。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)ネットだけでなく、地域の担い手とお金の管理を支援
2)起業後は大失敗も、スマホの普及でサービスに追い風
3)機能提供だけではない、感情を揺さぶる金融サービス
4)「お金のライザップ」で、生涯使える知識を身に着ける
5)セキュリティ最優先・信用が強み、大手金融機関と提携
6)ユーザーの利便性を一番に、強み特化のサービスを磨く
7)お金は手段、より自由で幸せになれる仕組を創る
8)小さな企業が心身ともに幸せになれるサービス

対談を終えて

2600以上の金融機関と連携、家計簿や資産管理をウェブ上で行うサービス「マネーフォワード」を提供する株式会社マネーフォワード。日本の金融サービスにイノベーションを起こしたいという想いを胸に、辻さんが2012年5月に設立しました。

600万人が利用する家計簿アプリなので、既にご存知の方も多いと思います。家計簿アプリで上場できるということに驚きましたが、実は、家計簿だけではなく、事業会社、中小企業や、店舗経営をされている方々の会計もできるシステムを提供しています。
さらに、お金をどう運用し、どう管理していくのかというリアルの情報サービスも開始し、ニーズに応じて様々な事業をされています。

そもそも、なぜこのサービスを始められたのかを伺いました。昔から、家計簿ソフトなどはありましたが、どこも上場できなかったわけです。なぜ、同社はそれで上場できたのか、様々な理由がありますが、お金をあくまでも道具として、いかに上手に使い、一人ひとりが幸せになれるか、ここを柱にサービス開発し、経営をされていることこそが、辻さんはじめ同社の強みなのだと感じました。

そういう意味では、この「マネーフォワード」が生まれ、確実に、日本のお金に対する考え方、お金の扱い方が、若い世代を中心に変わっていくのではないかと、大きな期待感を持っています。なぜ、そのような期待感を持つかということも含め、ぜひ、辻さんとの対話、聴いていただければと思います。


会社データ

URL https://corp.moneyforward.com/
設 立 2012年5月
上 場 2017年9月 東証マザーズ
銘柄コード 3994(Yahoo!で株価を見る
資本金 3,350百万円(2017年11月末時点)
従業員数 約250名
主な業務 インターネットサービス開発



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ