藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2018年5月8日放送

株式会社BuySell Technologies
代表取締役社長 兼 CEO 岩田 匡平さん

テクノロジーを駆使した、社会貢献型リユース事業

出張買取サービス「スピード買取.jp」をはじめ、社会貢献に繋がる二次流通をテクノロジーの力で実現。社長就任後半年、マーケティングのプロである岩田さんが導く成長戦略とは。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)テクノロジーの力で、着物リユースの可能性を広げる
2)商材ごとに流通を最適化し、リユース業界で差別化
3)「ビジネスは人」。想いを共有し社員に宿る炎を燃やす
4)全国各地に足を運びながら、地域に合った戦略を見出す
5)社会に貢献する、サステナブルな流通をいかにつくるか
6)良品中古が多い日本の資源を世界へ
7)変化の激しい中、意思決定を速く、さらなる高みへ

対談を終えて

出張買取サービス「スピード買取.jp」で着物を始めとした高価古物を取り扱うなど、ネット型リユース事業を展開する株式会社BuySell Technologies。「世界中の売れると買えるをテクノロジーで繋ぐ」というミッションを掲げ、2001年1月に設立された会社です。

実は社長になられてまだ半年である岩田さんは、元々、博報堂という広告代理店で、マーケティングのコンサルティングをされていたとのことです。その後、ご自身で会社を立ち上げ、コンサルティングをされ、縁あって、このBuySell Technologiesの社長になられました。マーケティングの専門家である岩田さんが社長になるとは、一体どういうことなのか、私の中で、不思議というか、興味があり、今回お話を伺いました。

リユース、古くなったものを買い取り、販売する、このビジネスは、リアルからバーチャルまで、もう既にたくさん存在しています。その中にあえて参入し、拡大していくというのは可能なのか。そんな疑問を持ちながら、お会いしました。しかし、お話を聴いてみると、「これは面白いかもしれない」という思いが湧き上がってきました。既に存在するから、もうマーケットは出来上がっていると思い込んでいたのですが、やり方は、五万とあるということを、岩田さんから改めて教えていただきました。

同社がどんなリユース業をされているのか、そしてどんな発展を考えているのか、ぜひ皆さんにも聴いていただき、一緒に妄想を広げていただけたら良いなと思います。そして、人材を大募集中だそうなので、この様な立ち上がりはじめの会社に入るというのは、本当に面白いと思います。ぜひ興味のある方、この対談を聴いていただき、会社にご応募いただければ良いのではと思います。


会社データ

URL https://buysell-technologies.com/
設 立 2001年1月
上 場 未上場
銘柄コード ー(Yahoo!で株価を見る
資本金 40百万円
従業員数 578名(平成30年4月現在)
主な業務 ネット型リユース事業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ