藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2018年9月4日放送

ログリー株式会社
代表取締役 吉永 浩和さん

日本で最初にネイティブ広告をビジネスにした会社

テクノロジーで人々の生活を豊かにするというビジョンを掲げるテクノロジー企業。「ネイティブ広告」を柱に、技術を磨き世界を目指す。社長自らミッションを課すその経営とは?



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ

主な内容

1)今や主流のネット広告「ネイティブ広告」とは
2)死活問題に直面して生まれた、新サービス
3)テクノロジー企業として目指す「自然言語処理技術」
4)12年前と今の企業環境の違いとは
5)なぜアジア市場に進出で、現地企業と組むのか
6)今年、社長自身のミッションを変更した理由

対談を終えて

今週のゲストは、ログリー株式会社の代表取締役、吉永浩和さんです。主なお仕事は、ネイティブ広告とのことですが、ネット広告の一種類とのことです。ネット広告といえば、「バナー広告」というものを想起しますが、これはインターネット初期の頃の広告の形で、最近最もホットな広告が「ネイティブ広告」だそうです。

このネイティブ広告に、日本でどこよりも早く取り組んでいらっしゃったのが、このログリーさんです。その当時は、海外でもまだ、「ネイティブ広告」という言葉が生まれていなかったそうです。

では、どうしてそんなに早く、ネイティブ広告に取り組むことができたのか、また、そもそもネイティブ広告とはどんなものなのか、ネット広告はどんな風に変化してきた、さらには、ネット広告は今後どのように進化して行くのかも気になるところです。吉永さんからは、そんなネット広告について、あらゆる角度からお話を伺いましたので、全体像を捉えることができるのではないかと思います。

また、吉永さんは、このログリーという会社を大学院生の時に起業されています。そんな起業の経緯やいかにして上場企業へと育て上げてきたのかも伺っています。未来を先取りして起業された吉永さんの過去と未来のお話は、全ての人に参考になるお話だと思います。


会社データ

URL https://corp.logly.co.jp/
設 立 2006年5月
上 場 2018年6月 東証マザーズ
銘柄コード 6579(Yahoo!で株価を見る
資本金 378百万円(2018年6月現在)
従業員数 33人(2018年4月現在)
主な業務 メディアテクノロジー事業
アドテクノロジー事業



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ