藤沢久美の社長Talk


今週の社長Talk


2018年10月23日放送

総集編3 マニー株式会社
代表執行役社長(2009年当時) 松谷 正明さん

世界一の品質を維持し続けるユニーク企業

2009年放送のマニー。10年で株価は5倍。極小の手術針などで世界トップシェアのマニーの成長の原動力となった数々のユニークな戦略は、イノベーションを起こしたい企業は必聴。



この番組の対談全編をお聴きいただくには、FeBeへの登録が必要です

登録案内へ
対談を終えて

藤沢久美の社長Talk 総集編第3回は、株式会社マニーです。
社長Talkには、数多くのものづくり企業の社長様に登場いただきましたが、このマニーは、「ポーター賞」を受賞された実績を持つ会社です。ポーター賞は、ハーバード大学のポーター教授の名前をつけられた賞で、独自性のある戦略によって競争に成功した日本企業や事業部に贈られます。

では、マニーは一体どんな独自性のある戦略を持っているのでしょうか?当時のインタビューでは、その戦略が生まれた背景やその独自の基準をお話しいただいていますが、中でもユニークなのが、年に2回開催される「世界一か否か品質会議」と「やらないことリスト」という社内基準です。

マニーさんが社長Talkにご出演くださったのは、2009年。あれから10年が経ち、順調に業績を伸ばされ、株価も当時の5倍です。社長Talkでは、今後も独自の戦略を持つ会社を紹介してきますので、ぜひ、今後は、FM Fujiで放送が始まった社長Talkをお聞きください。


会社データ

URL
設 立
上 場
銘柄コード
資本金
従業員数
主な業務



市場別アーカイブ

業種別アーカイブ

Google

WWW を検索
社長Talk を検索






利用方法 Copyright (c) KumiFujisawa, All Rights Reserved. お問い合わせ